2018年2月5日月曜日

鳩を保護して1週間


お店の前の道路でうずくまって飛べない鳩・・・

鳩を捕まえようとしたおばちゃんがおったので、一緒に挟みこんで捕獲してしまったのが俺でして、「野鳥保護センターってのあるから電話してね」とか言ってさっさと去っていくおばちゃん。

あれ? 俺ですかと段ボールとパンと水を用意する事に。


名前が無いと呼びにくいのでP助と命名。

左胸に縦の傷があり血は出ていないが、左の羽が垂れ下がっており動かないみたい。
右はわさわさ動かすんだけど飛ぶのは無理。
まぁ おばちゃんが言ってたように保護センターに電話してみよとなり、ネットでそれらしい役所などと色々思いつくとこに電話してみても「そのまま野生に放して下さいと」すべての所に言われる。

むむむ~
飛べない鳥を放すとカラスや猫にやられるとか調べてたら書いてあるし、そんなものを見てしまったらそんな事出来へん。
最後に野生鳥獣救護ドクター指定医の病院に電話かけて同じ事を言われたらあきらめようと電話してみたら、引き取ってくれると。

マジ一安心っす。

次の休みまでの付き合いだと、


鳩の餌を買い店で保護。
お客さんらも心配して見てくれたりし、日に日によく食べるようになり、威嚇はするはちょっと鳴いてみたりと元気になっていく。

結局8日間保護して動物病院に渡すことが出来ました。

軽くその時に先生と話をすると、どうやら神経が切れているのではないかとの事。
手術して飛べるようになったら野生に帰すとのことですので、頑張って回復して欲しいですね。

P助頑張れ!



2018年1月25日木曜日

関西ウォーカーでの懸賞にっ!

 

当たった・・・

まさか当たるとは思ってなかったのですが、送ってみるものですね。

まぁ 送ったのはオイラではなく彼女の方なんですがw

ちなみに当たった物は、



アラジンのグリル&トースターです。

明日からトースト焼いてやるぜ👍




2018年1月15日月曜日

「愛する者よ、死に候え」 いえ 無理です


今年入っての正月休み以来の連休なので、どっか行こかなとなりました地が、


ちゃんとこへとw

のんびりドライブしながら到着してまず寄りました所が、


上野城
藤堂高虎の高石垣が有名でありまして、マスコットキャラのた伊賀ーくんが入口でお出迎え。
平日の午前なので人がほとんど居ませんでしたのでまったりと見学。
まぁ 中は展示室のような感じで色んな資料やらがありますが、天守閣にはほとんど何も無く、がらーんと空間だけがあり外を眺める展望台になってました。
高石垣はあまり覗いていると引き込まれそうな感じになりますのでほどほどに(;´▽`A``

そしてその後は、
松尾芭蕉の俳聖殿を見て忍者屋敷へ。


忍者屋敷にも人がおらず、先に待っていた夫婦の方と合わせ4人で案内される。
思っていたより面白く、へぇ~ってなる事があり楽しめましたが、あっという間に終わるのでなんだか物足りない。
おまけに忍者ショーも休みだったりとちょっと残念でした・・・

そして昼時をちょっと過ぎており、お腹もめっちゃすいてるので、



伊賀牛丼をいただく。
伊賀牛マジ美味いよぉぉ!!!

お腹も満足し、そろそろ帰ろうかなとなり最後に寄った所が、伊賀の国の一の宮である、



敢國神社へ参拝。
1300年以上の歴史ある神社でありまして、バジリスクの最終話に響八郎が向かってましたとこです。

パワーも頂きまた頑張れそうになりましたデスぺです。





2017年12月5日火曜日

「違いを感じて」キャンペーン 


くっくっくっ

毎度のタリーズコーヒーのキャンペーン。

14回目のチャレンジにて、



タンブラーが当たる(@`▽´@)/

また忘れた頃に届くんだろうねw



2017年12月4日月曜日

今年もGETだ 餃子の王将(*`д´)b


月2回位の食事回数で、なんとか来年の『ぎょうざ倶楽部会員カード』を手に入れる事に成功したデスぺです。



ストラップは餃子でしたよ(○゚ε^○)v

来年も5%OFFで王将いけるお(*´ε` *)



2017年11月20日月曜日

かるたと源氏物語


今年最後の連休となったデスぺです。
頑張って年末まで体壊さないよういきたいです。

丁度紅葉の季節なものもあり、ふらっと滋賀県にドライブ。

単行本も36巻まで発売され、ドキドキの展開でありますちはやふる


この後の展開がどうなるのか楽しみにしつつ!

かるたの聖地と言われる近江神宮に。


時間も早かったのもあり人も少なく静寂な感じで良かったのですが、ただ一つ気になり不満だったのが、


御朱印の素っ気なさ・・・
ネットで見てたら真ん中にちゃんと近江神宮と書いてあるのもあるが、俺の御朱印みたいに書いてないのも沢山ある。
書いてもらうタイミングなのか書き手によるのか、それとも俺に問題があるからなのか分からないんですが、いったいどういう風になっているんでしょうかね?

また来るからなと悔しさを残しつつ次に向かったのが、

数々の文学作品に登場し、紫式部にも関連があります石山寺へ。



人は多く寒かったけど、めちゃ紅葉綺麗で良かった。
西国三十三所では勝尾寺しか行った事ないんだけど、同じ観音信仰の霊場なので雰囲気がよく似ている気がしました。

またぶらっと暇出来たらどっか行きたいっす(*´∇`*)